温泉あがりのラーメンを愛する温泉ソムリエの徒然ブログ

主に関西圏の温泉とラーメン屋さんを紹介するブログです。野球観戦のついでに、たまーに遠征したりします。

令和の時代に残る竜宮城……ならぬ、『竜宮閣』

熱海遠征時に宿泊した老舗旅館。

 

その名も、竜宮閣!

 

f:id:marines54:20200322213254j:image

 

「助けた亀に連れられて〜♪」

 

私、亀は助けた覚えはありませんが、温泉好きの嗅覚がここに連れてきてくれました。

 

チェックインが遅くなってしまいましたが、嫌な顔ひとつせず、ご主人がお出迎え。そのままお部屋まで案内していただきました。

 

ちなみに、お部屋はこんな感じ。

 

f:id:marines54:20200322214312j:image
f:id:marines54:20200322214308j:image

 

うはー、たまらん。

 

ザ・昭和の温泉宿。

 

この時点で、私の中では大当たりを確信。

 

ご主人が「お風呂、今なら空いてるので、早めにどうぞ」とのことだったので、お言葉に甘えて浴衣で温泉へ。

 

こちらの温泉は大きな浴槽と小さな浴槽が2種類。

 

両方空いていましたが、とりあえず最初は大きい方をチョイス。

 

扉をがらがらと開けると……

 

f:id:marines54:20200322215037j:image

 

目の前に広がるのは、まさに現代の竜宮城。

 

そして、見事なタイル張りの浴室に充満する湯気の中から現れたのは、浦島太郎(おそらく)。

 

f:id:marines54:20200322215539j:image

 

思わず、ペコリと一礼。

 

で、身体を洗ってから、いよいよ温泉へ。

 

f:id:marines54:20200322220032j:image

 

前に入った人が、わりと蛇口全開にしてあったので、惜しみなく注がれる新湯。

 

どばどば……

 

どばどばどば……

 

うーん、絶対に熱いよね。

 

しかし、お湯は新鮮そのもの。

 

加水するなんてもったいない。

 

意を決して……

 

まずは、掛け湯。

 

あっつ。

 

このお湯、あっつ。

 

でも、いくか。

 

せーの。

 

どぼん。

 

………。

 

 

あっつ!

 

うん、ムリ。

 

申し訳ないですが、ほんの少しの加水と入念な湯もみをすること暫し。

 

そろそろ大丈夫だろうというタイミングで、ちゃぷり。

 

浴槽からオーバーフローする大量のお湯。

 

身体に迸る、熱海の塩化物泉。

 

熱い海と書いて、熱海。

 

噂には聴いていましたが、超絶パワフルなお湯。

 

こりゃあ堪らん。

 

身体が慣れてきたところで、新湯を投入しつつ、冷水を頭からかぶりながら、延々と温冷交互浴。

 

頭の中はトリップ状態。

 

あー、しあわせ。

 

結局1時間は入ってました。

 

で、温泉あがりのビールが旨いのなんのって。

 

f:id:marines54:20200322222347j:image

 

もちろん、この夜は爆睡でした。

 

で、翌日の朝風呂は小浴槽へ。

 

f:id:marines54:20200322222534j:image
f:id:marines54:20200322222538j:image

 

朝から、新鮮なお湯が身に染みます。

 

この浴槽の大きさは、ひとりで入るには最高。

 

ちなみに、こちらには加水用の蛇口はないので、100%の源泉掛け流しです。

 

めっちゃ熱いけどね!

 

こちらも思い残すことなく、ギリギリまで堪能。

 

最後にご主人と、少しばかりお話を。

 

このあたりで温泉を引いている宿は、今はもう竜宮閣さんだけになってしまい、後継者もいないので、大変だとか……。

 

素晴らしい掛け流しの温泉と、ノスタルジックな館内。

 

これからも末永く続けてほしいお宿です。

 

日帰り入浴も可能なので、事前にお宿に確認をしてから、訪問してみてくださいね!

 

 

【施設情報】

竜宮閣

静岡県熱海市田原本町1-14

0557-81-3355

JR熱海駅から徒歩10分程度

 

【温泉情報】

カルシウム・ナトリウムー塩化物温泉

源泉温度76.7度

源泉掛け流し

加水・加温・循環なし

市営源泉からの供給

※こちらの源泉を味わえるのは、今では竜宮閣さんだけです!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ